ホーム > 教育体制について > 看護補助者研修会年間計画

看護補助者研修会年間計画

 ≪目的≫

チームの一員としての役割を理解し、看護補助者業務を遂行するために必要な基礎知識・技術を身に付ける

 ≪目標≫

1.看護補助者の役割を理解し、患者への適切な援助ができる
2.責任ある行動と安全を配慮した看護補助業務ができる
3.当院の利用者すべてに対して、よい接遇を意識した行動がとれる
4.具体的な個人目標が設定できる


研修年間計画
月日
内  容
目    標
4月
病院・看護部の理念と今年度の目標について 当院の理念を考えたり、チームで働く意義を見出すことができる
看護補助者の役割について 組織人としての態度を身につける
看護補助業務を遂行するための基礎的な知識・技術 看護補助者の役割がわかる
守秘義務・個人情報の保護 医療現場における個人情報の保護・守秘義務について学び、情報の管理ができる
5月
医療制度の概要及び病院機能と組織の理解 医療制度についてと組織で働く意味がわかる
リクエスト研修内容決定 自身の目標設定を行い意義のある業務や研修に繋げていく
個人目標設定  
6月
オムツ交換 オムツ素材の性質を理解し、適切なサイズ選択および有効なオムツの当て方ができる
シーツ交換 基本的な看護補助に必要な技術を習得でき、実践に活かすことができる
7月
移動・移乗・移送 移動用具の種類・正しい使用方法がわかる
  安全な移動・移乗・移送を理解し、実践できる
8月
医療安全について考える 看護補助者の視点から医療安全について考え、知識をもち、安全に業務を遂行できる
9月
リクエスト研修  
10月
エアーマット マットの特性を理解し、正しい使い方ができる
基本のポジショニング 安楽な体位を理解し、正しい褥瘡予防方法を理解・実践することができる
11月
安全な食事介助の方法 嚥下についての知識を高め、食事介助時の注意点を学び実践に活かすことができる
12月
感染防止対策 看護補助者として感染予防の知識をもち、安全に業務を遂行できる
1月
認知症患者へのケア 認知症を理解し、認知症患者への対応の仕方がわかる
2月
接遇、倫理、患者・家族との関わり方 接遇研修を通し、社会人としてのマナー、挨拶気配りができる。看護倫理綱領を理解し、当院の看護職員としての倫理観を養う
3月
1年間の振り返り 自己の1年間を振り返り、次年度への課題を明確にして目標設定できる
教育体制
javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

応募はこちら

資料請求はこちら

ページの一番上へ