ホーム > 看護部案内 > 8階病棟

8階病棟

病棟の診療科目や特徴、入院患者さまの傾向

@がん末期の方で在宅緩和ケアへの移行調整の必要な方、また在宅緩和ケア中のがん末期の方で、レスパイト入院や緊急入院の必要な方。
Aがん末期生命予後が月単位の緩和医療管理が必要な状態で、終の棲家としてお看取りまで入院希望の方。
B症状緩和が困難で緩和ケア病棟での集学的な緩和治療の必要な方。(がん治療中より対象となります。)

病棟のご紹介

〜私らしく・満たされて・感謝と共に〜

 私たちは、おもてなしの心を大切に、患者さまとご家族の皆様が「体や心の痛みが和らいで、自分らしく、満たされて、感謝の心と一緒に、大切な時間を生きられる」ように支えます。緩和ケア病棟では、患者さまとご家族の方が一緒に大切な時間を過ごせられるように、ご家族が泊まれる和室や宿泊時入浴できる浴室、自由に使えるキッチンなどが整えられています。また、少しでも季節感と日常性を感じられながら過ごせるよう、季節を取り入れた環境整備や定例(月1回)行事イベントも行われ、たくさんの思い出が生まれています。私たちは、緩和ケア病棟のみならず、自宅や施設入所しての在宅緩和ケアへの移行支援や、一般病棟入院中でも緩和ケアが受けられるように、緩和ケアチーム活動も行っています。

看護部案内
javascriptをオンにすると、ここにカレンダーが表示されます。内容を表示するにはご利用ブラウザの設定で、javascriptを有効にしてください。

応募はこちら

資料請求はこちら

ページの一番上へ